HOME→家づくりの想い

家づくりの想い

concept

外観は年月の経過と共に味の出る重厚感ある佇まい。そして過度な造り込みをせずその土地の自然と暮らしの機能が融合した、家族が癒されホッとする住空間。それは、家族が住まい続ける家へのアプローチ……。30〜40年後の家が、あなたにはどのように映っているのでしょうか?
住む人にいつまでも愛着を持ってほしい…それが『らいと』の住まい造りのコンセプトです。

常務取締役 設計室長
神代 幸夫
一級建築士(管理建築士)
福祉住環境コーディネーター

住まいにとって必要な要素とは…
第一に「丈夫で長持ちし、安心して暮らせる事」。危険で短命な家では永く住み続ける事などできません。
次に「断熱性や機能性に優れ、環境や家族・家計にやさしい事」。どれだけ丈夫で快適に暮らし自然環境に配慮しても、高額な費用やランニングコストがかかるのでは、住まいの維持さえできないかもしれません。
そして最後に重要な事、それは「住む人の気持ちや感性」ではないでしょうか。住む家に愛着が持てなければいくら強度や断熱性・機能性が高く経済的であっても、豊かな暮らしを続ける事がいずれ困難になると思うのです。
お客様がいつまでも「いい家だなぁ…」と思える家、住む人が自然体で過ごせる空間(Neutral Feeling:ニュートラル フィーリング)をご提案し、1棟1棟丁寧に造り込みながらその実現に貢献する事が大切だと考えています。